気ままなポタサイ2

好きな時間に赴くままに自転車でポタサイクリング

涼しい今朝はいつもの住吉台と渦森台

8月17日(金)晴れ

暑さにうんざりしていた矢先に、早朝の気温は低く湿度も45%を下回っています。

半袖では少し肌寒く感じて、長袖を着るのはやっぱり年老いた証し。

 

8月中は平地以外、坂道など走る事は無いものと思っていましたが、今朝の涼しい気温なので、住吉台や渦森台も野垂れ死にはないだろうと、走ってきました。

 

いつもの久原橋から住吉川六甲山地

f:id:imuratrek:20180817134244j:plain

 

最初は住吉川沿いに甲南斎場側へ走り、石材店がある住吉川でひと休憩。 

f:id:imuratrek:20180817134311j:plain

 

 その先に分岐があり、直進は自然歩道の「太陽と緑の道」で、五助堰堤へ更には本庄橋と続き、六甲最高峰への登山道になっています。

住吉台へは左端へ急坂を上って行きます。

f:id:imuratrek:20180817134344j:plain

 

分岐には道標があるので間違えることはありません。 

f:id:imuratrek:20180817134409j:plain

 

 同じく分岐の所には、当時水車小屋があった場所で、この住吉川上流部一帯です。

f:id:imuratrek:20180817134432j:plain

 

住吉台到着地点にあった木が、バッサリ伐採されています。この先が自然歩道へと繋がります。

f:id:imuratrek:20180817134503j:plain

 

 真ん前の民家には良かったのかどうか。

f:id:imuratrek:20180817134526j:plain

 

 

少し下って、くるくるバス停前の駐車場から。

f:id:imuratrek:20180817134554j:plain

 

 西側には渦が森と渦森台。

f:id:imuratrek:20180817134628j:plain

 

 中央には六アイポーアイ

f:id:imuratrek:20180817134651j:plain

 

 左側には十文字山に阻まれて、芦屋や西宮、大阪は全く見えません。

f:id:imuratrek:20180817134713j:plain

 

 六アイをズームアップ。

f:id:imuratrek:20180817134743j:plain

 

 灘区の六甲道方面。

f:id:imuratrek:20180817134804j:plain

 

 

赤塚橋まで下って、つぎは渦森台へ走ります。

 

 

 渦森台へ到着。

f:id:imuratrek:20180817134833j:plain

 

 渦森台のバス停(回転場所)には、真っ赤な実がなる珊瑚樹

f:id:imuratrek:20180817134854j:plain

 

 珊瑚樹の実も大分枯れている物が多い。

f:id:imuratrek:20180817134915j:plain

 

 渦森台を下る途中に、さっき上った住吉台のマンション(エクセル)が、左端に見えます。

f:id:imuratrek:20180817134939j:plain

 

 風が涼しくて最高でした。

 

終わり