気ままなポタサイ2&ど素人の水彩画

好きな時間に赴くままに自転車でポタサイクリングそれと水彩画を始めてみました。

ど素人の水彩画 自転車編

7月10日(水)晴れ

8日(月曜)の自転車ポタの話し。

暑くなってくると、自転車に乗ることが極端に少なくなります。

月曜日が少し薄日なので、渦森台へ走りました。

f:id:imuratrek:20190710141710j:plain

 

渦森台からの下りは、汗ばんだ体が涼しくて上った甲斐があります。

 

新落合橋までくだったら、久しぶりに住吉川第二号堰堤へ。

f:id:imuratrek:20190710142352j:plain

 

少し上流にある白鶴堰堤まで自転車で行けます。

f:id:imuratrek:20190710144256j:plain

 

そこから少し下がって眺めた、白鶴美術館の水彩画です。

f:id:imuratrek:20190710141258j:plain

 相変わらず住吉川の水量は多いですね。

ど素人の水彩画

7月7日(日)晴れ

昨日は阪神基地隊サマーフェスタ2019に、こ1時間程行ってきました。

雨続きの天気予報も、連日の晴れ間で蒸し暑い日々が続いています。

 

f:id:imuratrek:20190707145054j:plain



掃海艇なおしま(684)と掃海艇つのしま(683)。

 

 他に護衛艦やまぎり等の一般公開がありました。

 

 

ど素人の水彩画

6月27日(木)雨

住吉川に佇む倚松庵です。

 

f:id:imuratrek:20190627170213j:plain

 やっと梅雨入りして蒸し暑い日々が続いています。

10数年間使っていたエアコンを、万が一にも故障したら大変な事になる前に、無事買い換えが昨日終わり、気分一転して絵を描いてみました。

ど素人の水彩画

6月25日(火)晴れ

 前回の続きで、岡本の第1小へ続く石畳み道。

恥ずかしい話しながら、今までブティックだと思っていましたが、妻から花屋さんだと教えてくれました。

f:id:imuratrek:20190625081638j:plain

 

左手の茶店はよく利用していますが・・

 

ど素人の水彩画 自転車編

6月14日(金)晴れ

今日は風が強くて自転車乗りには最悪。

今回の水彩画は、渦森台へ走る際に通り過ぎる、白鶴美術館の絵です。

下から上って行くと、白鶴美術館前信号とバス停がある風景画です。

f:id:imuratrek:20190614124430j:plain

本当は近づき過ぎると白鶴美術館は屋根しか見えません。

ハガキ絵で描くには細か過ぎましたが、ざっくり描きました。

ど素人の水彩画 自転車編

6月13日(木)晴れ

昨日、芦屋浜に行く途中にある兵庫県立海洋体育館(芦屋マリンセンター)に立ち寄ってみました。

ヨット、カヌー(カナディアンカヌー、カャック)の練習が低料金で楽しめる施設です。

平日にもかかわらず20名ほどの方が練習していました。

 

その芦屋マリンセンターの片隅に停留していた釣船が20艇程あります。

f:id:imuratrek:20190613103103j:plain

 

 

渦森台

6月12日(水)晴れ

自転車ブログなのに、水彩画ブログになりそうなこの頃。

暑くなってくると渦森台へは、走りたくなくなります。

しかし心肺機能維持の為に、月数回は走らないと・・

年齢的に無理しない程度に、久しぶりに渦森台へ走りました。 

 

f:id:imuratrek:20190612141141j:plain

 

下り時、渦森会館北側駐車場からの眺望を楽しみました。

昨日に続き入道雲が大阪方面に。

f:id:imuratrek:20190612141304j:plain

 

神戸市街

f:id:imuratrek:20190612141522j:plain

 

自宅近くに咲くジャカランダ  いつも素晴らしい花を見せてくれます。

f:id:imuratrek:20190612141647j:plain

 

昼まで時間があるので、芦屋浜の方まで少しポタリ。

ハマナスの花が咲いいました。実もたくさん付いていてだんだん赤くなっていきます。

f:id:imuratrek:20190612142035j:plain

 

 

ど素人の水彩画

6月9日(日)晴れ

東灘区には、深江浜、魚崎浜、住吉浜(御影浜)の埋立地があり、更に沖には六甲アイランドがますが、漁港は無く漁船の風景は見ることができません。

 

御影本町の溜り場で、レジャーボートが数隻あったのでチャレンジしてみました。

f:id:imuratrek:20190607125918j:plain

 簡単なボートでも難しかった。

明日もう一度チャレンジしたいと思います。。

 

 

 

 

ど素人の水彩画 自転車編

6月8日(土)曇り

新温泉町の浜坂の町並み。

f:id:imuratrek:20190606175710j:plain

殆どの家が瓦屋根に土壁漆喰と杉板張り。

都会では町家造りで集客を図ったりしていますが、浜坂の町は自然な町家ばかりで癒されました。

浜坂駅で思いもよらないトワイライトエキスプレス瑞風に遭遇

6月6日(木)晴れ

 

5月31日の出来事です。

5日間の新温泉町滞在も終わり、JR浜坂駅発大阪行きのはまかぜ4号を待っている時でした。

まだ早いのにディーゼルエンジンの音が聞こえると相方が言うので、駅舎の外にいた私は線路に向かうと瑞風が止まっていました。

f:id:imuratrek:20190605090027j:plain

 

瑞風は鳥取方面からやって来ましたが、城崎温泉方面からやって来る普通車と、自分達が乗るはまかぜ1号(大阪)が来るのを単線の為待ち合わせしているのです。

f:id:imuratrek:20190605090410j:plain

 

約13分は停車していましたが、すぐに出発するだろうと思い焦って撮影しました。

f:id:imuratrek:20190605090127j:plain

 

先頭車両を見たさに急ぎ足で歩き、民家の隙間からやっと見ることができました。

f:id:imuratrek:20190605090301j:plain

 

f:id:imuratrek:20190605090448j:plain

 

慌てた割にはなかなか出発しなかったので(考えてみればはまかぜ号が到着するまでは動けない瑞風なのです)、動画も無事撮影できました。

youtu.be

 

ちなみに、地元神戸市内で瑞風を撮影した物が3回あります。

youtu.be

場所を変えて

youtu.be

住吉駅ホームまで入場してみましたが、早すぎて・・

youtu.be

浜坂駅では止まっている瑞風と、ゆっくり出発する瑞風を楽しめました。

新温泉町 浜坂から鳥取へジオパークポタリング3

6月4日(火)晴れ

 5月30日の出来事です。

浜坂から鳥取まで山陰海岸ジオパークをメインに走ってきました。

ルート

 

今日の浜坂県民サンビーチは晴れて穏やかな波です。

f:id:imuratrek:20190602132215j:plain

 

 キャンプ場がある松林。

f:id:imuratrek:20190602132235j:plain

 

 新温泉町山陰海岸ジオパーク

f:id:imuratrek:20190602132259j:plain

 

 浜坂漁港から城山トンネルを走ります。

f:id:imuratrek:20190602132329j:plain

 

 城山トンネルを抜けると、諸寄海水浴場へ。

f:id:imuratrek:20190602132355j:plain

 

178号線のトンネルへは行かずに、諸寄港 の民家へ。

f:id:imuratrek:20190602132414j:plain

 

 集落を過ぎたら小さな入り江が見えてきます。

f:id:imuratrek:20190602132434j:plain

 

 178号線で1ヶ所だけトンネルを抜けなければならないのですが、広い側道があり安心です。

ここはまだ旧道をはしりジオパークを堪能します。

f:id:imuratrek:20190602132453j:plain

 

 唯一トンネルを通らなけれならないトンネルを抜けると、穴見海岸に出ます。

f:id:imuratrek:20190602132515j:plain

 

 小さな居組港を過ぎたら・・

f:id:imuratrek:20190602132540j:plain

 

徐々に勾配がでてきました。ここが七坂八峠の上り口なんですね。

f:id:imuratrek:20190602132609j:plain

 

 くねっている道路が、曲がるたびに景色が良くなってきます。

f:id:imuratrek:20190602132633j:plain

 

 

居組港が見えてきました。

f:id:imuratrek:20190602132705j:plain

 

 さらに居組県民サンビーチもすっかり見えてきました。

f:id:imuratrek:20190602132724j:plain

 

 

もう鳥取県県境です。相方曰く七坂八峠あったのだろうか?物足らない様子です。

f:id:imuratrek:20190602132744j:plain

 

 

鳥取県に入ると東浜海水浴場が見渡せます。

f:id:imuratrek:20190602132815j:plain

 

 東浜展望所になっている場所から。

f:id:imuratrek:20190602132838j:plain

 

 一気に下る途中に間近見える東浜海水浴場

f:id:imuratrek:20190610100721j:plain

 

f:id:imuratrek:20190602132912j:plain

 

 東浜の民家に挟まれた道を走ります。

f:id:imuratrek:20190602132938j:plain

 

 

右のガラス張りが東浜駅陸上バス待合所には綺麗なトイレがありました。

f:id:imuratrek:20190603124609j:plain

 

東浜駅の北側には、民宿と海水浴場が間近にあります。

f:id:imuratrek:20190602133013j:plain

 

 観光案内図

f:id:imuratrek:20190602133038j:plain

 

 東浜海水浴場の西側。

f:id:imuratrek:20190602133103j:plain

 

 

f:id:imuratrek:20190602133130j:plain

 

 西脇展望駐車場

f:id:imuratrek:20190602133146j:plain

 

 西脇展望駐車場からは素晴らしい景観です。

f:id:imuratrek:20190602133206j:plain

 

 西浜海水浴場からすぐに羽尾海水浴場になります。

f:id:imuratrek:20190602133248j:plain

 

 羽尾海水浴場の途中から(178号線の少し手前から)、山陰本線に沿うように細い道を走ります。

f:id:imuratrek:20190602133307j:plain

 

 

山陰本線の踏切を通過して、けもの道に近い坂道を走ります。

f:id:imuratrek:20190602133326j:plain

 

 視界が開けたら田園風景です。この先右の山陰本線の隧道をくぐり・・

f:id:imuratrek:20190602133348j:plain

 

 

R178号線に合流して 浦富海岸へ。

f:id:imuratrek:20190602133415j:plain

 

浦富海水浴場から県道155号線を走ります。 

f:id:imuratrek:20190602133432j:plain

 

城原展望所から

f:id:imuratrek:20190602134006j:plain

f:id:imuratrek:20190602134044j:plain

 

 次は浦富海岸降口駐車場から。

f:id:imuratrek:20190602134108j:plain 

f:id:imuratrek:20190602134128j:plain

 

 

一気に下って綱代漁港

f:id:imuratrek:20190602134200j:plain

 

f:id:imuratrek:20190602134216j:plain

 

 沓井大橋を渡ります。

f:id:imuratrek:20190602134236j:plain

 

 浦富海岸島めぐり遊覧船乗場が見えてきました。

f:id:imuratrek:20190602134254j:plain

f:id:imuratrek:20190602134317j:plain

 

遊覧船乗場で休憩、イカスミソフト。

f:id:imuratrek:20190603140804j:plain

 

綱代港の岩美町からR9号線へ、直ぐに駟馳峠から下って福部町へ。

 

後は、県道319号線の砂丘道路を長々と走ります。

f:id:imuratrek:20190602134804j:plain

 

 

 砂丘道路に並行して歩道が続いています。

f:id:imuratrek:20190602134825j:plain

 

 

鳥取砂丘に到着です。ゆっくり眺望しながらでも3時間弱でした。

f:id:imuratrek:20190602134842j:plain

  

すっかり変わり果てた鳥取砂丘周辺でした。

f:id:imuratrek:20190602134903j:plain

 

 スロープと階段併用の砂丘入り口まであります。

f:id:imuratrek:20190602134922j:plain

 

 ラクダに乗って海岸まで行きたかったのですが、ラクダは10m程の周りだけしか乗れないので諦めました。35年以上前に訪れたことがあるので、手前だけでやめました。

f:id:imuratrek:20190602134944j:plain

 

風紋は見れませんでした。 昼食の時間まで1時間なので鳥取市街へ。

f:id:imuratrek:20190602135003j:plain

 

 砂の美術館に立ち寄るだけ。

f:id:imuratrek:20190602135018j:plain

 

 近くに多鯰ケ池があります。

f:id:imuratrek:20190602135151j:plain

 

 二十世紀梨の木

f:id:imuratrek:20190602135210j:plain

 

 今はらっきょの最盛期。 ここで鳥取市街地と反対に走っている事に気がついて、戻りました。

f:id:imuratrek:20190602135226j:plain

 

 鳥取駅着。

f:id:imuratrek:20190602135243j:plain

 

 

f:id:imuratrek:20190602135304j:plain

 

 随分前に話題になったお店で昼食。

f:id:imuratrek:20190602135321j:plain

 

自走で浜坂駅には帰りませんでした♪ 

f:id:imuratrek:20190602135347j:plain

 

 1時間に1本の浜坂行きを待っていると、コナントレインが到着。

f:id:imuratrek:20190602135526j:plain

 

 

終点浜坂駅で見てみたかった旧SLの給水塔

f:id:imuratrek:20190602135542j:plain

 

 この時期はツタで覆われています。

f:id:imuratrek:20190602135601j:plain

 

 楽しい山陰ジオパーク巡りでした。